お酒に強くなる方法


新年会、歓迎会、送別会、忘年会・・・
お酒が飲めない人にとって、これらのイベントは苦痛ですよね。
しかし、そんな人でもアルコール耐性が劇的に上昇する方法があるんです。
その方法をこれからお伝えいたします。

お酒に強くなるには?

飲酒する2時間前に指定されたサプリと医薬品を飲む。
たったこれだけでアルコール耐性が劇的に上昇します。
2時間前に飲む以外の作業も必要ありません。

そのサプリと医薬品は何なのか?
このサイトで明らかになります。
お酒が飲めるようになった極意、禁断の方法 公式サイト

リンク先が情報商材みたいなんだけど大丈夫?

この方法を入手するのに24,800円しますので、ご指摘の通り情報商材です。
しかし、たった24,800円で酒が飲めないという病気を治療できる
と考えれば逆に格安なのではないでしょうか?

お酒に強くなる方法を徹底検証

「お酒が飲めるようになった極意、禁断の方法」で
実際にお酒が飲めるようになったのか?
専用の解説ページを用意いたしましたので、こちらからご確認下さい。
徹底検証!実際にお酒が飲めるのか?

Copyright アルコール代謝クリニック 多治比隆三

アルコールを代謝するかなり重要な肝臓の機能
酒を飲みすぎると肝臓に負担がかかるらしいですが、酒と肝臓の関連性はどうなのでしょうか?
肝臓は体に吸収されたアルコールを代謝する大事な役割を担っています。
アルコールをとります。
胃から2割、小腸から8割吸収されます。
そのほとんどは肝臓で処理されます。

肝臓の重要な役割について

様々な代謝をします。
糖分の貯蓄と放出する機能を調整します。
タンパク質などを合成してアンモニアを代謝します。
コレステロールや脂肪酸を代謝します。
破壊された赤血球からビリルビンを合成します。

解毒や排泄機能について

悪性物質の解毒をしたりアルコールを代謝します。
悪性物質の処理をします。
ホルモンを代謝します。
重要な肝臓のために適切なアルコール摂取が大切であります。
肝臓はいわゆる「沈黙の臓器」であり、ちょっとぐらいの損傷ではわかりにくいところがあります。
肝臓に負担がかからないように適量な飲酒をする必要があります。

プライバシーポリシー

当サイトにおけるプライバシーポリシーは以下の通りです。

個人情報の利用目的

当サイトでは、メールでのお問い合わせなどの際に、名前(ハンドルネーム)、メールアドレス等の個人情報をご登録いただく場合がございます。
これらの個人情報は質問に対する回答や必要な情報を電子メールなどをでご連絡する場合に利用させていただくものであり、個人情報をご提供いただく際の目的以外では利用いたしません。

個人情報の第三者への開示

当サイトでは、個人情報は適切に管理し、以下に該当する場合を除いて第三者に開示することはありません。
・本人のご了解がある場合
・法令等への協力のため、開示が必要となる場合

個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用停止

ご本人からの個人データの開示、訂正、追加、削除、利用停止のご希望の場合には、ご本人であることを確認させていただいた上、速やかに対応させていただきます。

アクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。
このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。
この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。

免責事項

当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。
当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。
当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

プライバシーポリシーの変更について

当サイトは、個人情報に関して適用される日本の法令を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直しその改善に努めます。
修正された最新のプライバシーポリシーは常に本ページにて開示されます。


運営者情報

サイト情報

運営者

アルコール代謝クリニック

代表者

多治比隆三

住所

広島県呉市和庄登町13-35-8 桜花ビル204


お問い合わせ

お名前
メールアドレス
内容

アルコール代謝クリニックで耐性を上げる裏技

お酒に強くなる方法

アルコールの吸収と分解についての考察

体の中に入ったアルコールは胃と小腸に吸収されます。
その吸収速度は速く、だいたい2時間内に完了することになります。
吸収だけでなく分解も速く、最初に肝臓から分解され、その後は筋肉で分解されます。
酒を飲んだ後の血中濃度は1時間後ぐらいがピークになり、その後は直線的に濃度が下がることになります。
アルコールが分解される速度の平均値は1時間で男性が9g、女性が6.5g程度ですが、もちろん個人差はあります。
アルコールが吸収されたり分解されたりする経緯には様々な要素がからんでいます。

アルコールの吸収についての考察

アルコールは従来の飲食物とは違って消化されずに吸収されることになります。
通常に摂取すると、飲酒量の2割程度は胃から、残りの8割程度は小腸から吸収されます。
胃より小腸の方が吸収速度は速くなるのは当たり前のことです。
速度の比較以前に吸収速度の絶対値そのものが早いですので、
消化器官のアルコールは飲酒してからだいたい2時間以内に吸収が終わることになります。

アルコール吸収に影響される要素とは?

アルコールの吸収については多くの要素がからんでいます。
手術などの原因で胃が切除されていれば、飲まれたアルコールはいきなり小腸に入ることになります。
小腸の吸収速度は速いですので、血中濃度がいきなり上がることになり、悪酔いする要素になってしまいます。
同じように腹が減っている時での飲酒も、アルコールが胃を素通りすることにより、小腸に入ってしまいます。
この場合もアルコールの吸収速度が速くなるため、腹が減っている時にいきなり飲酒すると、
アルコールの吸収が速くなってしまいますので、血中濃度の上昇が急激になりますので、危険な状態となります。
逆に、食事をしながら(空腹ではない状態で)飲酒をすれば、
アルコールが胃に長く残留するため、胃へ流れる時間もそれだけ遅れます。
これが原因で血中濃度が上がらないため、悪酔いするリスクも低くなります。
という理由で、お酒を飲む時は食事をしながら飲むことをおすすめします。

アルコールが分解されることについて

酸化されないという要素もあったりしますが、
体内に入ってしまったアルコールのほとんどは酸化が原因で分解されることになります。
排出された水分にアルコールが含まれているケースもたびたび見られますが、
飲酒アルコールの1割に満たない割合です。
この酸化については肝臓を中心に行われます。
最初にアルコールのほとんどがアルコール脱水素酵素ですので、
アセトアルデヒド(有害物質)に酸化されることになります。
アセトアルデヒドはほとんどALDH2によって酢酸に酸化されます。
ALDH1も少しではありますが、酸化に影響しています。
酢酸は血液の流れにより肝臓から脱出し、筋肉や心臓に流れてから分解を続けることにより、
最後は炭酸ガスと水に変化しています。
ここまでの間でアルコール1gにつき7カロリー程度の熱を出すことになります。

非常に重要なフラッシング反応について

日本人の50%程度は少しお酒を飲んだだけで顔が赤くなったり、頭が痛くなったりします。
全体的に酒が弱い人種ですので仕方ありません。
こういうリアクションはいわゆるフラッシング反応というものです。
遺伝により3種類に分類されます。
活性型 普通に分解される
低活性型 分解そのものは行われるが性能がとても低い
非活性型 分解が全くされない
活性型ではない人がお酒を飲むと血液の中にあるアセトアルデヒドの濃度が上がることにより
フラッシング反応が発生することになります。
このイヤな症状によりお酒を飲めない人が多く、遺伝的にアル中になりにくい原因になりがちです。
最近ではガンが発生する可能性とこのアルコールについての遺伝的な分類の関連性がはっきりとしています。
この件に関しては専門的な資料を確認すると数字などのデータがわかります。
アルコールパッチテストによりこれらの分類が簡単に判明します。

アルコールが分解される速度とは?

アルコールの吸収速度はかなり速いです。分解もかなりの速度で行われます。
お酒を飲んだ後の血中濃度は1時間後ぐらいがピークでそこから直線的に下落することになります。
アルコールが分解される速度は1時間で男性が9g、女性が6.5gぐらいですが、もちろん個人差の影響があります。
アルコール20g(ビール中瓶1本相当)の分解が完了するまで男性で2.2時間、女性で3時間ぐらいかかることになります。
これは目安ですので、あまり鵜呑みにしないで下さい。

分解される速度に影響される要素とは?

肝臓の大きさが最も影響しやすいです。もちろん肝臓が大きいほどアルコールが分解される速度が上がります。
体が大きかったり、男性の方がより速く分解されるのはこれが原因となります。
また、遺伝の分類による影響も大きいです。
非活性型はアルコールの分解速度が非常にゆっくりとしている傾向にありますが、
調査が非常に困難であるためあまり明確なデータは出ていません。
低活性型は活性型と比べると分解速度がゆっくりしている傾向にありますが、これも明確なデータは出ていません。
年齢による影響もそれなりにあります。若年や高齢者は中年と比較すると分解速度が遅いです。

酒の強さについての重要性は?

酒に強い=アルコールの分解速度が高い・フラッシング反応がない
酒に弱い=アルコールの分解速度が低い・フラッシング反応がある
と考えがちですが、正確でない点が1つあります。
それはフラッシング反応がないからといって酒に強いとは限らないということです。
脳がアルコールに反応するかどうかが影響しているのです。
酒を飲み続けると強くなる傾向にありますが、これはアルコールが分解されやすくなるだけではありません。
脳の神経細胞の影響でアルコールに対する反応が悪くなることにより、酔いにくくなります。
いわゆる「耐性の獲得」です。
この反応は遺伝的なものが強く、最初からアルコールに強いひとも多いです。
逆にアル中になりやすいというデメリットもありますが。

アルコール耐性が劇的に上昇する方法

飲酒する2時間前に指定されたサプリと医薬品を飲む。
たったこれだけです。

アルコール代謝クリニック サイトマップ