酒酔いを防ぐには


新年会、歓迎会、送別会、忘年会・・・
お酒が飲めない人にとって、これらのイベントは苦痛ですよね。
しかし、そんな人でもアルコール耐性が劇的に上昇する方法があるんです。
その方法をこれからお伝えいたします。

酒酔いを防ぐ方法

飲酒する2時間前に指定されたサプリと医薬品を飲む。
たったこれだけでアルコール耐性が劇的に上昇します。
2時間前に飲む以外の作業も必要ありません。

そのサプリと医薬品は何なのか?
このサイトで明らかになります。
お酒が飲めるようになった極意、禁断の方法 公式サイト

リンク先が情報商材みたいなんだけど大丈夫?

この方法を入手するのに24,800円しますので、ご指摘の通り情報商材です。
しかし、たった24,800円で酒が飲めないという病気を治療できる
と考えれば逆に格安なのではないでしょうか?

酒酔いを防ぐにはこの方法が最適なのか徹底検証

「お酒が飲めるようになった極意、禁断の方法」で
実際にお酒が飲めるようになったのか?
専用の解説ページを用意いたしましたので、こちらからご確認下さい。
徹底検証!実際にお酒が飲めるのか?

Copyright アルコール代謝クリニック 多治比隆三

酒を飲んだ後、時間が経過するごとに血中濃度そ調査することによりアルコールが分解されるスピードが判明します。
60分あたりでの分解されるスピードは男性で10g、女性で7gほどが平均値です。
もちろん、アルコール耐性や体型、年齢など様々な個人差がありますので、個人の分解されるスピードは様々です。
個人差の比較(分解が速い条件)は以下の通りです。
中年(老人でも若年でもない)・体重が重い・空腹ではない・顔が赤くならない・睡眠時でない
目安として、1時間で体重の1万分の1程度アルコールが分解されます。
アルコールの量は酒の容量×アルコール度数×0.8で算出されます。

アルコール代謝クリニックで酒酔いを防ぐには

飲み会が重なったりすると、毎日飲酒するため、体に負担かかかると考えている人もいるでしょう。
次の日の仕事に支障をきたしたりしますので、健康に気をつけることも重要です。
悪酔いを防ぐには多くの飲料はサプリメントがありますので、即効性のあるものや毎日服用するものまで様々あります。
かといって事前にそろえるのは非常に困難です。
そこで、コンビニなどで簡単にゲットできるアルコール耐性のある飲料やサプリメントがあります。
もちろんどれだけの効果があるのかは個人差という問題が発生しますので、参考程度にして下さい。
トマトにはリコピンというアセドアルデヒドの発生を抑える成分がありますので、アルコールの分解に役立ちます。
ですのでトマトジュースなどは悪酔い対策におすすめです。
グレープフルーツにはビタミンC・クエン酸などがありますのでアルコールの分解だけでなく肝臓の機能も上昇します。
ですのでグレープフルーツジュースもおすすめします。
しかし、飲料やサプリメントがあるからといって、絶対に悪酔いしないということではありません。
アルコールはほどほどにする必要があります。飲みすぎには注意したいところです。
どうしても飲む必要がある場合は、サプリメントなどで工夫して泥酔しないように注意する必要があります。

アルコール耐性が劇的に上昇する方法

飲酒対策にはオイルファーストが効果的です。
具体的に言うと油分を摂取するということです。
油分は胃もたれするという欠点がありますが、それを逆に利用するわけです。
つまり、胃の中にとどまる時間が長いため、その分アルコールが吸収されるのが遅れることになります。
その分酔いにくいメリットがあります。
胃の中にとどまる時間は食べ物によって様々です。
具体的には米飯2時間15分、ビーフステーキ3時間15分、バター12時間と油分が多い食べ物ほど胃にとどまる時間が長くなります。
ですので、飲む前に油分を摂取する必要があるのです。
アルコール対策に効果的なのですが、油分を積極的に摂取するのに抵抗感があります。
しかし、油分にも様々あるため、カルパッチョ(刺し身にオリーブオイル)・ポテトサラダ(マヨネーズ)など油が多い割にはあっさりしている食べ物も多いです。
こういう食べ物は前菜向きですので、最初に食べるのには向いています。
いきなり食べると胃もたれしそうですが、揚げ物(鶏の唐揚げ・ポテトフライなど)は効果的です。
アルコールと混じるような液体近い食べ物なら、アルコールが腸に届くのが遅くなるためさらに酔いにくくなります。
乳製品なら胃に膜をはることができ、乳脂肪分もあり、こってりしていないのでおすすめです。

酒酔いを防ぐには サイトマップ